短時間で理想の目になれる|二重整形の費用はクリニックで異なる【口コミを参考にして選ぶ方法】

短時間で理想の目になれる

男医と看護師

戻すことが可能な施術も

目の印象が変わるだけで顔全体がまったく違った印象に変わるのは、すでにアイメイクでご存知の方も多いでしょう。生まれ持った眼球の大きさを変えることは出来ませんが、まぶたを二重にするだけで、目自体を大きくパッチリとした印象に変えることは可能です。毎日メイクに時間をかけるくらいなら、二重整形を受けることで理想の目元を作りたいと考えるのはもっともです。実際にとある美容整形外科では、年間5万人以上もの二重整形術を受ける人がいるそうですから、それだけポピュラーな選択と言えます。目の美容整形術がそこまで人気になった理由は、近年施術がとても手軽になり、費用もリーズナブルになったことが挙げられます。メスを使わず、元の状態にも戻せる施術であれば、費用面だけでなく心理的なハードルもかなり低くなりますよね。毎日目の周りに大きな負担をかける自己流メイクを続けているより、素で目元がパッチリできる整形術のほうがずっと健康的とも言えます。もちろん、しっかり二重を作る従来の手術を受けることもできますし、いろいろな選択ができるのが現在の施術の魅力でしょう。近年主流となっている施術には、切らない施術と切る施術とがあり、切らない施術の代表が埋没法です。こちらは医療用の糸を使ってまぶたにラインを作る方法で、非常にリーズナブルに施術できるため大変人気です。糸を外せば元に戻せるのも魅力で、初心者でも安心ですね。利用した人は、見た目だけでなく気持ちも変われて、毎日のメイクやアイテープで苦労することもなくなり快適な様子です。二重整形を選ぶ際には、まず埋没法と切開法の2つの種類から選ぶことができます。埋没法は、まぶたに糸を通す施術で、痛みや腫れが非常に少ないのがメリットです。施術も短い場合は15分から20分程度で済みますし、近年とても人気が高いですね。作りたいデザインによって糸を留める箇所が増減しますが、いずれにしても費用が安いのも魅力です。年月が経つとラインが取れて来る場合もあるので、クリニックを選ぶ場合は症例数の多い実績あるところを選びましょう。切開法は、まぶたにメスを入れて脂肪を取り除いたり、永久に固定されるラインをデザインしたりするのに向いています。東洋人はまぶたに脂肪がついているケースも多く、糸ではラインが作りにくい場合もあります。費用は埋没法より高くなりますが、確実に理想の二重をデザインするには、間違いのない整形法です。二重のラインには、末広型や平行型、幅広型など様々なデザインがありますが、理想の目になるためにはどの術式が適切かは、医師の判断が必要です。どうような施術を選ぶかは、もちろん自分の希望もありますが、最適な選択は専門医でなければわかりません。だから大切なのは、任せられる担当医師を見つけることです。選ぶ基準は、実際に今まで美しい目元を作って来たたくさんの症例数があることです。最近はクリニックのwebサイトに詳しい実績が掲載されるようになっていますので、納得の行く施術を受けられるところを見つけましょう。後は実際にカウンセリングを受けてみて、安心して任せられる担当医師に出会うのが一番です。

Copyright© 2018 二重整形の費用はクリニックで異なる【口コミを参考にして選ぶ方法】 All Rights Reserved.